「いのちアカデミー」は、“いのち”への気づきと意識の目覚めを通して一人一人が自立し、共に育つための、気づきと学びの場です。

アカデミーについて

ビジョン

一人ひとりが、≪いのち≫の現れであることを≪自感・自覚・自証≫し、
≪いのちの気づきと覚醒≫を援助し、≪いのち≫の生成発展に寄与する。

ミッション

自立した各人が、≪共感・共育・共創≫することにより、
「健康と病気」、 「幸福と不幸」、「平和と戦争」などの相対的な世界から、
愛と光と歓喜に 満ちた絶対的な世界に立脚する。
二元論的一元論の観点に立った、“中立・中観・中道”を実践する。

背景および趣旨

 21世紀に入り、早20年を迎えようとしているが、様々な分野に於いて 大きな転換点を迎えている。

 これまでの延長線上の発想および手段では、対応不可能な問題が山積している。
果たして、人類は突きつけられた問題を解決することができるのであろうか。
これら諸問題を根本的に解決してゆくためには、今一度、原点である ≪いのち≫に立ち還り、常識である水平的かつ直線的なアプローチではない、 垂直的な飛躍が必要となる。

 また我々人間は、ただ単に生かされている存在もしくは、生きている <存在者・生存者>なのではなく、生かされて活きている<生活者>であり、 さらには一人ひとりが現実を創造することができる≪創造者≫なのである。

 これまでの常識を疑い、常識の壁を超え、相対的[(生まれ・老い・病み・死ぬ)な 生命・生活・人生]な観点・立場から、絶対的[(生まれもしない・老いもしない・病みもしない・死にもしない)いのち]の観点・立場へ。
さらには、それら相対と絶対の両方を包含する、二元的一元論的な観点・立場が、 医学・医療のみならず、多くの領域で重要となる。

 「健康と病気」、「幸福と不幸」、「平和と戦争」の相対的・二元的・水平的な アプローチでは、これまでと同様に問題を解決することは不可能であろう。

 それらを成立させている基盤である、絶対的・一元的な≪いのち≫を基盤とし 垂直的に飛躍した、新たなパラダイムおよび方法論を確立することが、 喫緊の課題だと捉えている。

 ≪いのちの気づきと意識の覚醒≫を通して、<生活者>一人ひとりが、 自助(みずから助ける:セルフケア)・自立(おのずから立つ:立命)する。

 さらには≪創造者≫として使命を全うすることができる人財が集い、 共に育つ(共育)の場となることを目的として、≪いのちアカデミー≫を開設する。

 “からだの気づき・覚醒”と“こころの気づき・覚醒”を基盤とした、 “いのちの自感・自覚・自証”をさらに進化・深化させ、 “いのちの共感・共振・共創”のコミュニティーの和を拡げてゆく。

 また、一人ひとりが“創造者”としての自覚と責任をもち、実践する事が、 現在表面化している、様々な問題を解決する糸口となる。