看護学の哲学と倫理

看護学の哲学と倫理

近代自然科学とは一線を画す独特の自然観・宗教観を根底にもつナイチンゲール看護論を拠り所として、看護の本質を述べる。主な論点は以下である。
1.健康-病気連続体とは、大いなる自然の働きによる修復過程である。
2.看護とは、大いなる自然が予防したり癒したりするのに最も望ましい条件に「いのちの場」を整えることである。
3.看護者は、理解し尽くせない他者への関心・専心と、その人と出会うことへの意志、直観や想像力を必要とする。
4.看護とは、人間の健康や病の営みにおいて、大いなる自然の創造の意味をより完成させるartでありscienceである。
5.看護者の倫理性は、目の前の他者からの「呼びかけ」に応答することを自覚的に選び取るところから生まれる。
日時:8月25日 13:00~14:30

場所:京都中央学院
JR・近鉄・地下鉄各線 京都駅から徒歩5分
〒600-8236 京都府京都市下京区西油小路町27
リーガロイヤルホテル京都向かい

講師:東京女子医科大学教授 守屋治代
受講料:
(一般の方)90分1コマ:5,000円
(学生・院生)90分1コマ:2,500円

【オンライン受講】
当日会場に来られない方のために、Zoomのアプリから
動画でのオンライン受講を同時開催いたします。
事前にお申込みフォームからお申込みください。
Zoomの操作方法など詳細を追ってご連絡いたします。

お申込み方法:以下のフォームからお申込みください。
お申込みフォーム
お問い合わせ:メールアドレスinfo@inochi-creation.co.jp 
タイトルとURLをコピーしました